書籍・雑誌

『ネコを撮る』 岩合 光昭 (著)

昨日、日本橋三越新館にて開催中の岩合光昭さんの写真展『ねこ』について書きましたが、
その時に購入した本の紹介です。





タイトルがずばりでして、
帯には「ネコのことなら、イワゴーさんに聞け!」
と書いてあります(゚▽゚*)
内容は岩合さんの写真をはさみながらの四章仕立てとなっており、
「第1章:ネコにアプローチ」
「第2章:撮影編」
「第3章:世界のネコ」
「第4章:野生のネコ」
このような構成です。


ネコの見つけ方や近づき方、
撮影テクニックなどが岩合さん独特の
やさしい言い回しで書かれています。
僕自身も、江の島の猫達を撮影するのですが、
あの時こうすれば良かったのか!と、
とても勉強になりました。
特に写真初心者である僕には
この先ずっと手放せない一冊になると思います。


写真展に展示されていた作品がいくつか掲載されており、
どのようなレンズで、どのような状況で撮影されたかも添えられています。
最近はネコの写真を撮る人がとても多いのだそうです。
江の島には沢山のネコが居ます。
僕も去年一眼レフを購入して江の島の猫達を被写体にして勉強しています。
まだまだ下手っぴですが、そのうち岩合さんのような写真を撮れるように夢を見たいですヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRUTUS特別編集 井上雄彦

今日からblogを始めるわけですが、最初のネタを考えていたところ、先日購入した雑誌を取り上げようかなと思います。

僕は現在27歳(3月で28)ですが、同年代で『SLAM DUNK』という漫画を知らない人は皆無に等しいと思っています。
読んだことあるないに関わらず認知度は限りなく100%に近いと思います。(個人的には100%だと喜ばしいですが)

現在は『バガボンド』と『リアル』という2つの連載を行っている井上先生の特集です。
過去に「緊急特集 井上雄彦』というのが発刊されましたが、今回はそれに+αとなります。
井上先生が好きであれば是非おすすめです。up
未公開ネームとか感動ものです。( ´;ω;`)ブワッ
当初立ち読みで済ませようとしましたが、気付いたらレジ前に居ました。

また、現在「東京都現代美術館」でエントランス・スペース・プロジェクトと題して
高さ7.4m幅6mの絵(あのキャラクターですsmile)が展示されています。
こちらは3月28日までの公開となっていますので、時間がある時に行きましょう!!subway

| | コメント (0) | トラックバック (0)