« ロコと病院 | トップページ | ゼロとぶらり海へ »

Good Bye To My Little Flower

本日1:30頃にロコが虹の橋を渡りました。


ご飯を食べさせた後、寝たままおしっこをしていたので、
サークルの掃除とロコの体を拭いてあげました。
そのまま苦しそうだたので抱き抱えたまま落ち着くのを待っていたのですが、
容態が急変し最終的に呼吸が困難になり、ロコの心臓が止まりました。
前日に病院に行って、今後の検査やら先生と相談してた矢先の出来事でした。
取り敢えず、病院に連絡しロコの事を告げました。
先生からは苦しまなかったのが何より良かったと仰りました。
この間わずか1時間程度でした。
死に至る病では無いと考えていたので、
突然の出来事に呆然としました。
夜中の間は延々と泣いて、
ロコと一緒に寝ました。
翌朝、火葬業者を呼んで火葬し骨壷に納骨しました。
標準よりやや小さかったロコは骨壷にスッポリ収まってさらに小さくなりました。
もう二度とロコと遊べないと思うとやりきれない気持ちで一杯です。
たった4年しか生きられなかったのかと思うと不憫でなりません。
家で一番元気でやんちゃでワンパクだったのに・・・。
生きることにも全力疾走しちゃったんでしょうね。
ロコらしいです。
ここには書ききれない程の思い出を大切にして、
残されたゼロ、セイラ、しらすのことを今まで以上に大事にしようと思います。
ロコに注ぎきれなかった愛情をみんなに注ぎたいです。




Dsc03173
ロコは6月生まれなので紫陽花を添えてあげました
セイラがお別れの挨拶をしています。




Dsc03208
ゼロとロコはそれ程仲良くなかったのですが、
お互いに張り合いながら上手く生活していました。
そんなライバルがいなくなってゼロも悲しそうです。




Dsc03239
ロコと一番仲が良かったしらすは一番悲しんでいました。
そっと寄り添ってロコを温めていました。








紫陽花の花言葉は「浮気」なんですが、
「我慢強い愛」「一家だんらん」「家族の結びつき」というのもあるそうです。
ロコは2番目の犬だったので、色々とゼロ優先でした。
ロコなりに我慢することもあったと思いますが、
ロコの直向きな正確は僕らを癒してくれました。
たった4年の間でしたが、本当に大切な時間を共有出来たと思います。
ロコには感謝してもし足りない位です。
虹の橋の向こう側から僕らをニコニコしながら眺めているかな?
ロコちゃん安らかに☆


R.I.P JUN.23 in 2010

|

« ロコと病院 | トップページ | ゼロとぶらり海へ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553306/48972300

この記事へのトラックバック一覧です: Good Bye To My Little Flower:

« ロコと病院 | トップページ | ゼロとぶらり海へ »